忍者ブログ

きゆるんねっと

FF11のプレイ日記と、日常生活の日記をだらだらまったりと書いてます
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第3章 偽の姫

早速ですがNovel、アップしました!

今回のタイトルは「いつわりのひめ」と読みます。
前回に引き続きまた、送り仮名ごまかしています。
内容については、読んでみてのお楽しみということでここでは深く書きません。

今回も4章構成ということで、一応次回で一区切りです。
相変わらず大まかなプロットがあるだけで、話自体はまだ手つかず。
上手く纏める事が出来るのかかーなーりー、心配です。

ずっと思っていたけれど、
今回は特に、自分の書きたい事を上手く自然に繋げられなくて
ジレンマな部分ありました。
本当にこれでいいのだろうか。と。
それでも今は、書く事に、見てもらう事に意味があると思っているので
こうして書き続けている訳ですが。

こんな自己満足的な物でも、付き合って頂ける人がいらっしゃると嬉しいです。



余談ですが


ゆうべちょっと怖い夢を見ました。

私は、幽霊の娘とお友達になって色々話したりしていました。
ある日、その幽霊の娘がいなくなってしまいました。
その娘を探す為、建物の中をその娘の事を呼びながらあちこち探して回っていました。
ある部屋の扉を開けると、そこは原色使いの床をした派手な部屋。
その部屋の奥にあるのは何故か洗濯機。
そしてその中から

「ここ」

って声が聞こえて、洗濯機の蓋が開いた。


そこで、すっと目が覚めてしまいました。

って、文章で起こすとあまり怖さが伝わらない?
中に何が入っていたのか、それを見た自分がどうなったのか
想像してみると色々とものすごいと思うんだけど。

しかし、こんな夢を見たのは
今回の話に幽霊っぽいものが出てくる影響なのかしら

拍手

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
きゆみ
性別:
非公開
自己紹介:
FF11Asura鯖で活動中のひゅむっこ臼魔道士。
プレイスタイルもブログ更新頻度もまったりまったりです。

オリジナルファンタジー小説書いてます。
よろしければ見てやって下さい。

夢と幻と想いの物語


Profile

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

[09/25 Y嬢]
[09/21 Caie]
[08/28 しり]
[08/20 Y氏]
[08/20 きよみず]

(02/05)

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]